2019年04月09日

ゴールデンウイーク中の休診

ゴールデンウィーク期間の休診は、暦通り4月28日(日)から5月6日(月)までの9日間となります。開業して以来最長期間の休診になり、皆様には大変なご迷惑とご心配をおかけし、とても心苦しく感じております。薬の不足など生じないよう、ご確認をよろしくお願いします。申し訳ありませんが、休み前後の外来が混雑することが予想されますので、お気を付けください。4月27日(土)の12時30分までと、5月7日朝からは通常の診療時間で診察します。
posted by 前川メディカルクリニック at 21:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

花粉飛散量の予測は難しい

以前は環境省が次シーズンの地域別花粉飛散量予測を行っていましたが、最近は予測を発表していません。
その代わり、地域別スギ雄花花芽調査結果を発表しています。春に飛散するスギ花粉はスギ雄花の着花量に大きく依存するので、参考にしてほしいということと思われます。しかし花粉飛散予測ではないため、それをどのように位置付ければよいのか、ほかの要素、例えば1月以降の気象条件をどのように加味して予測すればよいのか、近隣の都県の情報をどう判断するのかなど、不明な点も多いと感じます。
花粉飛散予測は、主に民間気象大手二社である日本気象協会とウェザーニューズが行っています。マスメディアの報道を見ても、その二社から引用することが多いようです。2018年シーズンの予測を振り返ってみると、二社で正反対の予測がなされ、話題になりました。例えば東京の飛散量は前年比で、日本気象協会が2倍、ウェザーニューズが70%と予測をして発表しています。
その結果はどうだったのでしょうか。二社ともに予測と実測がどのような関係にあったかということを直接発表していないようなのですが、実測がどうであったかを発表資料から計算してみます。日本気象協会は2019年シーズンの関東甲信越における予測を例年比110%、前年比60%と発表していますので、前年は1.1÷0.6で例年比約1.8倍と多くの花粉飛散を観測していたことが分かります。同様にウェザーニューズでは予測を例年比2.35倍、前年比4.26倍なので、前年は2.35÷4.26で例年比0.55倍の花粉を東京で観測していることになります。
すなわち、飛散量の実測値が全く違うために、二社ともに実測値は予想通りであり、予想は当たったと位置づけられているようなのです。正反対の予測を行った二社の予測が両方当たったということをどう理解すればよいのでしょうか。
実測値が異なる理由としては、花粉量計測の方法が全く違うことが考えられます。日本気象協会は空中の花粉をスライドガラスに付着させ、1平方センチ当たりの花粉の個数を顕微鏡で直接目視し数える「ダーラム法」で行い、ウェザーニューズ社は独自開発のポールンロボという花粉観測機を用いています。ポールンロボは吸い込んだ空気に含まれる粒子にレーザーを照射し、表面の形や大きさの違いから花粉とその他のホコリなどを見分けるのだそうです。
どちらが正しい方法であるのか。ここまで結果が違うのであれば、どちらかが正しいと考えるのが自分にとっては自然です。専門家でない自分には、それを判定する自信はありませんが、その一つの材料として環境省のデータを見てみましょう。
環境省は飛散予測をしていませんが、飛散実績は発表しています。それによると、平成30年春におけるスギ・ヒノキ花粉の実測総飛散量は、東京で11469個/㎠であり、比率は明示されていないものの前年比、例年比とも非常に多かったとされています。環境省はダーラム法で花粉量計測をしているので、日本気象協会と同様の結果になることも頷けます。さらに、環境省が平成30年春の花粉飛散量予測の判断材料を提供するために行った、平成29年10月末から12月の東京都スギ雄花花芽調査によると、例年比1.41倍と多かったと報告されています。東京に飛散する花粉の大半が東京のスギ由来ではないのかもしれませんが、東京都周辺の同調査では、それぞれ例年比神奈川県1.86倍、千葉県1.38倍、埼玉県0.70倍とされていることからも、平成30年の飛散実績が6割以下であったとは考えにくいように思われます。
五大新聞の報道を見ると、ウェザーニューズ社の発表をそのまま引用し、東京は前年の4.26倍スギが飛散する予想と報道しているところがありますが、私は今年その数字を引用して当院のホームページに紹介することはやめることにしました。
今年は日本気象協会とウェザーニューズ社の予想が乖離していることについて話題になることがあまりないようですが、昨年比で前者は60%(関東甲信)、後者は4.26倍(東京都)とその開きは驚くほどになっています。どうしてそのようなことが起こるのか、どう判断すればよいのか戸惑うのが普通だと思います。その判断の一助になればとこの文を書きました。
ただし、例年比で言えばどちらも多い予想(それぞれ1.1倍、2.35倍)ですので、スギ花粉症のある方は、早めにしっかりとした対策を取っておくことが良いようです。
posted by 前川メディカルクリニック at 00:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

夏季休暇のお知らせ

8月19日(日)から8月22日(水)まで夏休みになります。お盆の期間(旧のお盆)中は診療を行います。
8月18日(土)の12時30分まで、8月23日の9時からは通常の診療時間で診察を行います。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。
posted by 前川メディカルクリニック at 00:05| Comment(0) | 診療スケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする