2018年01月15日

スギ花粉症

環境省のスギ雄花花芽調査によると、神奈川県の雄花着花量は例年比1.86倍、前年比2.22倍と報告されており、スギ花粉の飛散量は多くなる見込みです。今年はスギ雄花の着花量が地方ごとよりも、都府県ごとのばらつきが目立つとされています。早めの対策をお勧めします。
(ただし、ウェザーニュース社が昨年10月に発表した花粉飛散量予測によれば、神奈川県は例年比51%、昨年比69%と少なく、大きく予測が分かれています。昨年夏の天候が、雄花の生育に適した天候だったか否かの判断の違いによるようです。どちらが結果的に正しいのか、注視しています。)
posted by 前川メディカルクリニック at 01:09| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする