2021年07月22日

祝日の変更

令和三年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法により、休日が変更になっています。
7月22日は海の日、7月23日はスポーツの日でともに祝日となっていますので、当院も休診となります。多くのカレンダーで平日の扱いとなっていますので、ご注意ください。
7月24日土曜日は、通常の診療時間で診察を行いますので、よろしくお願いします。
posted by 前川メディカルクリニック at 00:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月24日

令和3年春のスギ花粉飛散量予測

以前は環境省が花粉飛散予測をしていましたが、最近は行っておらず、各種組織が予測を発表しています。各組織間で判断が全く逆になることもあり、それがニュースとして取り上げられた年もありました。
神奈川県自然環境保全センターでは、スギ花粉飛散量を予測するため、県内のスギ林30箇所で花粉を飛散させる雄花の着花量調査を実施し報告しています(2020年12月18日発表)。それによると、スギ林着花点数の平均値は48.7点で、昨年の45.7点、過去24年間の平均44.8点をわずかに上回りました。令和3年春の花粉飛散量は、昨年(令和2年春)に比べるとやや増加するものの、ほぼ例年並みと同センターは予測しています。
日本気象協会は、関東甲信越地方のスギ・ヒノキ花粉飛散量は例年比少なく(60%)、昨年比多い(180%)と予測しています(2021年1月20日発表)。
ウェザーニューズ社は、神奈川県の花粉飛散量は平年比67%、昨年比145%と予測しています(2020年9月30日発表)。
NPO法人花粉情報協会は有料セミナーを開催し、その中で予測を発表しているようです。
予測にばらつきがあり、どれを採用するか迷うと思いますが、当院ではスギ雄花の着花量が最も相関しやすいのではないかと考えています。環境省も昨シーズンまでは各地の着花量を花粉飛散期前に発表していました。理由は不明ですが、今シーズンは発表がないようです。神奈川県自然環境保全センターのスギ雄花着花量調査が今後も継続されることを期待しています。
いずれにしても昨年よりは花粉が多い可能性が高く、早めの対策をお勧めします。
posted by 前川メディカルクリニック at 02:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

インフルエンザの予防接種

インフルエンザ予防接種を行っています。今年は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、65歳以上の高齢者に加え、医療従事者、65歳未満の基礎疾患を有する者、妊婦、乳幼児(生後6ヶ月以上)から小学校低学年(2年生)までの方々を優先して接種するよう厚労省から通達が出ています。
インフルエンザの予防接種は、例年通り予約無しでどなたでも接種できますが、ワクチンの在庫が減少した場合は優先順位を考慮して接種する場合があります。
厚労省によれば、2020/2021シーズンのインフルエンザワクチンの供給については、4価ワクチンに変更された平成27年度以降で最大の供給量となる約3,178万本(成人で1回接種の場合、約6,356万人分)を確保できる見込みで、これは統計のある平成8年以降、最大だった昨年度の使用量(約2,825万本)と比較して、約12%多い量になるとのことです。
ワクチン確保に最大限努めていますが、状況により接種できない場合もありますので、ご了承ください。
posted by 前川メディカルクリニック at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする